対談



きらきら通信
2008年10月号
・ごあいさつ
・宝石の持つメッセージ
・速報!!舞夢クリスマスパーティ2008開催決定!!
・まさこのひとりごと
・日帰りバスツアー! 伊賀焼き陶芸と伊賀牛のバーベキュー&もくもくファーム
・わがままみつえによる思いつくまま勝手にコラム

ごあいさつ
  2ヶ月ぶりのきらきら通信のお届けとなってしまい、申し訳ありません。いつしか、もうすっかり季節は秋。清々しい毎日を過ごせるようになりました。暑い暑いと言っていたのが、遠い日のように思われます。

 外を歩いていると、どこからか金木犀の甘い香りが漂ってきて、秋の深まりを感じることができます。ラジオの天気予報を聞いていましたら、秋晴れのお天気の良い日よりも、曇りがちのお天気 の方が、香りをより強く感じとれるそうで、なんとなく敬遠されがちな曇りの日でもそういう楽しみもあるのですね。この時季は、日中と朝晩の気温の差が大きいので、お風邪などひかれません ようにお気をつけ下さいね。

宝石の持つメッセージ
主な宝石の由来や伝説、効能などをご紹介します。身につけるための石選びの参考になさってはいかがでしょうか。
ルチルクオーツ(針水晶)

水晶の中に二酸化チタンの一種である金紅石が含まれたもので、一般的には色々な針状物質が入っているものをひとくくりにしてルチルクオーツと呼んでいます。針の色も金、赤、青、緑などさまざまあります。名称はラテン語で【黄金色】とか【輝いている】という意味の『rutilus』に由来します。

ビーナスの髪、愛の矢を象徴する鉱物とされています。洞察力や直感力、霊力が高まり、物事の真実を見分ける力が養われると言われています。地球以外の メッセージを受け取り、正しく理解できるように促す力があるそうです。古くは気管支の痛みを和らげる時に用いられたとされ、他には咳を抑える働きがあるとされています。

速報!!舞夢クリスマスパーティ2008開催決定!!

日時:12月21日(日)
場所:ホテルキャッスルプラザ
1F ローズガーデン

お楽しみイベント色々あります!!
一年の締めくくりはクリスマスパーティーで!

詳しくは次号にて!


まさこのひとりごと
 秋といえば「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」など色々言われますね。暑くもなく、寒くもなく一年で最も過ごしやすいこの季節が、何かやってみようとする気持ちになるのでしょうか。

 私の場合、食欲はもちろんですが、一番取り組みやすいのが、「読書の秋」ですね。子供の頃から、本を読むのが大好きで(漫画も含まれます)小学生時代から今でも図書館をよく利用しています。何故か昔から、推理小説とかミステリー系が好きで、小学生の頃は「江戸川乱歩シリーズ」「シャーロックホームズシリーズ」などをよく読んでいましたし、高校生の頃は「金田一耕介シリーズ」や赤川次郎などを読んでいました。気に入った作家ができると集中的にその人の小説を読む傾向があり、最近は東野圭吾さん宮部みゆきさんの本が好きですね。ただお二人とも人気があるので、図書館でも貸し出し中が多くて、なかなか借りることができないのが残念です。ジャンルは問いませんので、何かオススメの本や作家さんがいたら教えてください。お待ちしています。
ちなみに私のオススメは・・・

  • 宮部みゆき著「火車」
  • 東野圭吾 著「手紙」
  • 佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」

  • 日帰りバスツアー!
    伊賀焼き陶芸と伊賀牛のバーベキュー&もくもくファーム
     日時:11月09日(日)
     集合時間 am08:00(時間厳守)
     集合場所 舞夢店頭

     参加費 お一人様 ¥1万円
     往復バス代、陶芸代、昼食代(伊賀牛バーベキュー)

    *お席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。
     ■予定表

     → 08:00 舞夢 出発 
     → 09:30 三重県伊賀市新堂いちょう窯 着

     ■伊賀焼き体験先生の指導のもと陶芸(約3時間)

     ■採れたての自家製野菜と伊賀牛のバーベキュー
    (県外にはあまり流通しない貴重なお肉で、美味しいです。牛肉のしつこさがありません)

     ■伊賀の里モクモク手作りファーム(お買い物などをお楽しみください)

     → 16:00 現地出発 
     → 17:30 舞夢 到着 お疲れ様でした


    わがままみつえによる思いつくまま勝手にコラム
     いま、八事のサロンでコラムを書いていますが、窓から金木犀が甘く香ってきます。秋はオシャレを楽しむとてもよい季節です。オシャレといえば、先日、展示会にIKKOさんがゲストにいらっしゃいました。若い女性にも大変な人気で会場はすご〜〜〜い人でした。2回トークショーがあり、ウンガロのピンクのステキなロングドレス、ブルーのスパンコールのロングドレスと見事に着こなし、皆さまご存知のウイッグを着け、登場されました。トークショーも素敵な良いお話を聞くことができました。以下は私なりにIKKOさんのお話をご紹介します。

     『私が三十代位のとき、宝石や着物にとても力をもらいました。仕事や色々なことでとても大変だった時、自分でがんばって買い求めた宝石を着け、大好きな着物を着て、夜の街に出かけました。そんな自分自身を感じながら、まだ半年くらいは私、頑張れるわ!!と思うことができました。宝石たちに本当に助けられました。

     皆さん、この広い展示会場にはたくさんのジュエリーが並んでいます。人から勧められるのではなく、ご自分で本当に心に響く宝石を見つけて下さい。そしていま、自分が買える金額より少し上の宝石を、ご自分のご褒美に買ってください。たとえ顔にシワが1本増えても、その宝石を身に着けるときには、『私、まだまだイケルわ〜〜〜〜〜!!』と思うことができますよ。そんな私に友人が、『IKKOは何故そんなに宝石に頼るの?』と言われることがありますが、私は宝石には、そんな力があると思っています。』

     IKKOさんは今まで展示会でお会いした、どの方よりもファンの方を大切にされ、回りのスタッフを制して、最後までサインや握手、カメラに一緒におさまったり、ご自分がなすべきことを心を込め、真摯にされている姿勢に感動しました。私も、このジュエリーをお伝えする仕事をもう一度良く見つめ、皆さまにどのようにお伝えし、どのようにお役に立てるのかを考え、あらためて真摯にジュエリーをお伝えすることを一生懸命がんばっていきたいと痛切に感じました。

     それではくれぐれもご自愛下さいませ。
    トップページへ
    Copyright