対談



きらきら通信
2010年第1号
・ごあいさつ
・宝石豆知識 〜ダイヤモンドから生まれるパワー〜
・舞夢・三富より皆さまにご報告・ご挨拶
・まさこのひとりごと
・お客様各位

ごあいさつ

 今年も、もうすでに2月へ突入しました。暦の上では立春を迎えましたが、時折、雪がチラつくなどして、まだまだ冬の厳しい寒さです。きらきら通信のお届けも2月になってしまい、皆さまには、新年のご挨拶もできず、申し訳ありません。改めまして、今年もよろしくお願い致します。

 きらきら通信も今年で9年目に入りました。記念すべき第1回目は、平成13年1月号でした。最初は手書きで原稿を書いたのを思い出します。毎回、パソコンの画面とにらめっこしては、今回は何を載せようかと頭を悩ませ、何とか皆さまにお送りしています。これからもきらきら通信が舞夢と皆さまの架け橋になるように、頑張って続けて行きたいと思っています。

 「こんな美味しいお店があったわよ」とか「穴場の行楽地」「簡単で美味しいお料理のレシピ」などなど、皆さまからの情報提供、投稿をお待ちしています!ご協力お願い致します。



宝石豆知識 ダイヤモンドから生まれるパワー
主な宝石の由来や伝説、効能などご紹介します。身に着けるための石選びの参考になさってはいかがでしょうか。

 ダイヤモンドはつける位置が意味するパワーを特に強めます。足や下腹は地に足をつける力。生活能力の向上に。腹は元気な感情や支配力。不安や落ち込み防止に。もともと強引で支配力が強く、怒りっぽい人は腹より下はNG.胸は包容力や受容力。喉元は表現力。頭は意志力です。腕はパワーがまんべんなくいきわたる位置。

 指=親指は指導力。人差し指は指導力や行動力。中指は意志力、直感力、行動力。薬指は内省力、洞察力、直感力。小指は潜在的な気持ちのくみ上げや、予言の位置です。

 これらを参考に補充したい能力や性質でつける位置を決めましょう。例えば安定感がなく、依頼心が強いなら胸。思ったことが言えないなら喉元に・・・

舞夢・三富より皆さまにご報告・ご挨拶させて頂きます。
 寒い日が続きますが、皆さま、お風邪等大丈夫でございますか?
 皆さまにご報告させて頂きます。この度、平成2年にオープンさせて頂きました、西春(北名古屋市)の店を2月28日を持ちまして、八事サロンに統合させて頂くことになりました。皆さまには本当に西春の店をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。なお、舞夢自体は今まで通り、変わらず営業させて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。

 今後、八事サロンにおきましては、より充実したスペースで、皆さまのご来店をお待ちしております。また清須市において、新しく事務所をオープンさせて頂きます。お近くの皆さまには、ぜひこちらへも遊びにお出かけいただけます様、お待ちしております。

 現在、世の中の非常に厳しい経済状況の中、今後、皆さまにご迷惑をおかけしないよう、舞夢を続ける為には、西春のお店と八事サロンを統合することが必要と考えました。また伊藤も母が高齢となり、現在も病院などの付き添いも多くなり、年齢的にいつ何があってもおかしくないような状況になってきました。母に何かあれば、店への出社も難しくなってしまいます。今であれば、新しい展開も余裕を持って出来ます。そして今後の舞夢の目指すところは、皆さまと共に時を重ねさせて頂きたいという形です。皆さまと旅行を楽しんだり、ステキなレストランで食事をしたり、パーティを企画したり、オシャレについて学んだりと、皆さまと共に楽しい時間を共有させて頂きたいと願っております。八事サロンに統合することにより、固定費の削減もでき、皆さまへのおもてなしも多少なりとも、充実させて頂けるものと存じます。そして何よりも皆さまにお喜び頂ける、舞夢オリジナルジュエリーを手掛けて行きたいと思っております。フォーシーズン毎に作りこんだ、新作のジュエリーをご覧いただき、お楽しみ頂けるように切磋琢磨して参ります。

 このような思いから西春の店と八事サロンを統合させていただく次第でございます。皆さまには、新生舞夢を今まで同様、お引き立てをお願い申し上げます。伊藤・三富共にこれまで以上に勉強し努力して参りますので、よろしくお付き合い 頂けますよう、お願い致します。

 時節柄、くれぐれもご自愛下さいませ。
舞夢 三富満江

まさこのひとりごと
 映画「ブタのいた教室」のDVDを観ました。2008年公開の映画です。内容は妻夫木聡演じる、小学6年生を受け持つ新任の先生が、ある日、教室に生後2ヶ月の子豚を連れてきて、生徒たちに「みんなで世話をして育て、最後は自分たちで食べよう」と提案します。豚の世話を通して「命の大切さ、食べるとは、その大事な命を頂いているのだ」ということを、子供たちに真剣に考え、向き合って欲しいとの思いからです。(実話を元にしたお話だそうです)子供たちはみんなで小屋を作り、名前も「Pちゃん」と名づけます。毎日の食事の用意、小屋の掃除、汚物の処理など、思った以上に大変です。それでも子供達はPちゃんとのふれあいが楽しく、思い出がたくさん積み重なっていきます。

 いよいよ卒業が間近になると、Pちゃんをどうするのかクラスで意見が飛びかいます。「Pちゃんはクラスの大事な仲間。食べるっていうことは殺すこと。絶対にできない!いやだ!」「自分たちは卒業するのに、他の人たちに面倒見させるのは責任を果たしていない」「Pちゃんが大好きだから、少しでも長生きして欲しい」「自分たちが責任を持って飼い始めたから、最後も自分たちでありがとうと食べてあげるのも自分たちの役目」等々、みんなPちゃんを思い、様々な意見がぶつかり、真剣に考え、悩みます。食べる・食べないどちらの意見も正当で、自分だったらどうするだろうと考えてしまいました。私自身、食べることに不自由のない時代に育ちました。いつも当たり前のように料理をしたり、食べたりしています。この映画を観て自分たちの食生活がどんな思いを経てあるのかを改めて考えさせられました。

 いつも「ありがとう・頂きます」の感謝の気持ちを忘れないように

お客様各位
 2月28日を持ちまして、舞夢西春店は八事サロンに統合することとなりました。20年に渡り、皆さまにはご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 舞夢は引き続き、八事サロンを中心に展開させて頂きます。
 八事サロンにおいては色々な企画も検討しておりますので、その際にはぜひお気軽にお出かけ下さいませ。

 3月から清須市(旧新川町)の伊藤の自宅の一部を舞夢の事務所とさせて頂きます。小物、雑貨商品等も置かせていただく予定です。好評のまつげパーマなども定期的に開催したいと思っております。またお直し等の修理や、ジュエリークリーング、リフォーム等のご相談も承りますので、こちらもぜひご活用下さい。

 また北名古屋市近隣のお客さまに向けて、西春文化勤労会館において、定期的にご修理等、その他ご相談等の場所を設ける予定です。詳しくは、後日ご案内させて頂きますので、よろしくお願い致します。今後も尚一層のお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。
舞夢 三富満江・伊藤正子
トップページへ
Copyright