対談



きらきら通信
2014年第2号
・ごあいさつ
・宝石よもや話 〜誕生石のお話〜
・改作展
・おひな祭りで女子会
・わがままみつえによる思いつくまま勝手にコラム

ごあいさつ
 3月に入りました。早いものですね〜。熱戦を繰り広げたソチオリンピックも終わりました。地元の浅田真央選手のフリースケーティングでは、リアルタイムで見ようと、眠い目をこすりながらテレビにかじりつき、ドキドキしながら応援し、終わったあとは思わず、もらい泣きしてしまいました。オリンピックを見ながら、やり続けることの大切さと大変さ。ちょっとしたタイミングで成功したり、失敗したり。極度の緊張の中、重圧も感じつつ、競技をする選手の皆さんに、多くの人が勇気づけられたり、元気をもらったりしたのではないでしょうか。すべての選手にお疲れさまでしたと言いたいと思います。

 寒い冬にも終わりを告げ、少しづつ春の足跡が、近づいてきたように 思います。しとしと降る雨も、冷たさがちょっと変わってきたようです。 自然に目を向け、小さな春の気配を見つけることも楽しいですね 。

宝石よもや話 〜誕生石のお話〜
 自分の誕生月の宝石を身に着けると、パワーが強まり、幸運が訪れると言われています。自分へのご褒美に、親しい人へのプレゼントに、また生まれた赤ちゃんへ誕生石のベビーリン贈ることも多いようです。持っていると運が開けるという誕生石の概念は、ユダヤ人により、18世紀頃に広められたと言われています。

 誕生石の起源にはいろいろな説があります。旧約聖書「出エジプト記」説、新約聖書の「ヨハネ黙示録」説、西洋占星術の星座に当てはめられた星座説など。これらを土台にして1912年にアメリカの宝石協会が、著名な宝石学者のクンツ博士の研究をもとに制定しました。 。日本では1958年に全国宝石商組合が、東洋の宝石であるサンゴとヒスイを加えたリストを作成し、誕生石が広まりました。
  
‐‐誕生石一覧‐‐
01月:ガーネット
02月:アメジスト
03月:アクアマリン、サンゴ
04月:ダイヤモンド
05月:エメラルド、ヒスイ
06月:真珠
07月:ルビー
08月:ペリドット
09月:サファイア
10月:オパール
11月:トパーズ
12月:トルコ石

改作展
3月16日(日)・17日(月) 10:00〜18:00
会場:舞夢八事サロン
    名古屋市昭和区川名山町2-1 三渓ヒルズD棟101
TEL:052-836-2680

アクセス:地下鉄鶴舞線 いりなか駅1番出口よりお上がりください。
      駐車場もございます。

  

 今はほとんど出番のない指輪やネックレスなど、まだまだ眠っていませんか?その中に入っている石や、素材のプラチナや18金の価値は変わらず、使えるものばかりです。自分にはどんなデザインが似合うのか、またそれをどんな着け方をしたらいいのか。じっくりお話をしながら、改作のご相談を承ります
  

 日は、舞夢の改作、デザインを手掛けられる「(株)山陽」の土岐社長をお迎えします。また、山陽ジュエリーの新作商品もご覧いただけます。

おひな祭りで女子会 2/28〜3/2
 おひな祭りを楽しもうと、八事サロンにてお客様とご一緒に、女子会を開催いたしました。当日は三富と伊藤が奮闘して、ちらし寿司、太巻き寿司、ハマグリのお吸い物などを作って、おもてなし。タイと台湾の方にもご参加いただき、ちょっとした国際交流もできました!(^^)!

  

 こんな風なおもてなしが生まれて初めてで感激。日常生活を忘れて、とっても優雅な非日常の時間でした。上げ膳据え膳が主婦にはうれしいわ(笑)
  

わがままみつえによる思いつくまま勝手にコラム
 今年の冬は雪がよく降りました。しかも大雪で大変でした。2月9日、東京は記録的な大雪となり、交通網もマヒ状態。そんな日に私は成田からバンコクへ向かう飛行機を予約していました。前日も気象情報をチェックしていましたが、まさか成田まで行く手段がすべて無くなるとまでは思ってもいませんでした(泣)。
,
 当日、成田に行くときに使う「京成スカイライナー」に乗るため、上野に向かいましたが、駅から引き返す人とすれ違い、様子を聞くとすでに駅は人でいっぱい!とのこと。現在唯一の交通手段としては、総武線の秋葉原方面から千葉駅に向かう車両のみ。成田へ行く他の手段はないとのこと!!

 さぁ〜千葉駅にたどり着いても、その先成田までは通常でもタクシーで1時間以上はかかります。高速道路も閉鎖、一般道も雪で大混乱。タクシーも乗れるか、全くわからない状況。私の「直感」はとりあえず千葉まで行く方が良い!と言っていますが、「思考」では千葉に行っても、その先が読めないので、成田エクスプレスが出るまで待って、直通で行く方が良いと勧めました。直感力ではなく、思考をチョイスしました。

  結果として、線路上に倒木があり、電車が途中で止まったりで、やっとの思いで空港に着いたのはすでに午後4時近くになっていました。電車を降り、必死でチェックインカウンターを目指し走りました。その直後に乗る予定の「JAL707便は最終受付終了!!!」のアナウンスが・・・それでも交渉し、とりあえず受付してくれることになり、喜んだのもつかの間。荷物を取りに行っている間に「もうダメ!」になってしまいました。再度、粘って交渉の末、次の18:00発の便に名前を入れてもらいました。すでに空港内は人の波〜〜〜〜〜

 出発便の様子を耳をダンボにしてアナウンスを聞こうとしていたのですが、空港自体、パニック状態。出発予定便はアナウンスがあってから、わずか15分で受付終了になってしまい、又も乗れない羽目に・・・。

 今回は神様が「行くな!」と言っているのかもと思いつつ、明日の便のキャンセル待ち次第であきらめようと思い、係の女性に状況を説明し、尋ねてみると、調べてきますと、裏のオフィスに行かれ、しばらくするとじゃ〜〜ん!まるで女神さまが舞い降りたかのごとく、彼女が「三富さまのようなお客様が大勢いらっしゃいましたので、再度チェックインを再開しました。手続きはこちらが致しますので、急いで搭乗口に向かってください」

 やった〜〜〜!良かった〜〜〜!(^^)!

 自宅を早朝06:30に、雪道の中、出発してからやっとの思いで飛行機に乗り込めたのが、夜10:30。延々16時間の奮闘でした。長々と書き連ねましたが、今回の旅で学んだことがとても大きく、皆さまにお読みいただきたかったのです。ANA(全日空)のCMだったか、「多く年を取るより、多く旅に出た方が、人はたくさんのことを学ぶ」ホント、ホント実感です。人生は気力・体力・直感力そして行動力。この力を持って自立すること。アクシデントに見舞われた時、自分を信じ、この4つの力を駆使して切り抜けなくてはいけません。あくまでも自己責任です。

 私もどちらかというと人に頼りがちで、自立ができていないタイプだと思います。特に海外となると知らない国で、今回のようなことがあったら、直感力に頼り自己責任ですべてを切り抜けなければなりません!!人生も一緒。この旅を通し、学びました。自立の大切さを常に思いだし、今後の生活に教訓として活かしていきます!!

 気力・体力・直感力・行動力そして自立!!人生、これが大切だぁ〜
トップページへ
Copyright